埼玉での墓じまいをお考えなら

  • 墓じまいをするためには

    • お墓の維持管理が困難な時代となり、永代供養にしたり、故郷のお墓を居住地周辺に移そうという人も増えてきました。そこで必要になってくるのが墓じまいです。お墓を新しい場所へ引っ越す場合には、必ず墓じまいをしなければいけません。

      墓じまいをするためには、市町村役場などで改葬の手続きをしなければいけません。
      お墓はむやみやたらに移転することはできず、必ず管轄する自治体の許可が必要になるのです。



      改葬の手続きをするためには、それまでお墓があった場所を管理していた寺院や霊園で改葬許可申請書に必要事項を記入してもらわなければいけません。また宗教的な儀式も当然必要になります。



      遺骨を取り出す際には魂抜きと呼ばれる儀式をしなければいけません。もちろんこの儀式の際には僧侶に対してお布施を包むことが必要です。

      さらに墓じまいをするとなると、それまでのお墓を撤去して更地にしなければいけません。

      一般的に寺院の墓地は土地を借用していることが多いので、更地にして返却しなければいけないのです。なお墓じまいをしてお墓を移転する際には、それまで墓地を管理してもらっていた寺院に対してお布施を支払う必要があります。これはお礼の気持ちのようなもので、金額が一律に決まっているわけではありませんが、法要を営んだ時に支払う金額を包むくらいでいいでしょう。

      日本経済新聞の情報検索をお役立てください。

      お墓が移転するとなると寺院側にとっては収入が減ることになりますので、事前に事情を説明して理解してもらうことも大切です。