埼玉での墓じまいをお考えなら

  • 墓じまいについて知る

    • 近年、墓じまいが注目されています。


      墓じまいとは、今まで代々お墓参りをしてきた墓石をなくして、遺骨を取りだし、別の保管方法で管理することにして、お墓の管理などのたいへんさを無くすことです。


      遺骨は、大がかりでない方法で、無理せず管理できるようにします。

      こういった墓じまいが年々広がりつつあるのは、子供の数が減り、もはやどんなに頑張っても家族で毎年何度もお墓参りをして掃除をしたりすることが、事実上難しくなっているからです。



      昔と違い、今は子どものいるお母さんたちも外で働くのが当たり前になってきて、昔のような、お嫁さんが世話をみるということが難しくなりました。

      また、お墓そのものについても、考え方や感じ方が様々になり、お骨を砕いて自然に帰る散骨や、様々な人が集合して 集合墓地を作ったりもしています。

      集合墓地の場合、墓地の管理は当番にしたり、管理人に任せるパターンもあります。


      より、残された家族が世話が無理でないように、大変でないようにと考える方が増えました。

      ですから、墓じまいというのは、現代の日本の事情に合った考え方とも言えます。



      昔はきょうだいの数が多いのが当たり前でしたが、今は一人っ子も多いので、自然な流れで、よりそれぞれが苦しくない弔われ方を模索するなかで注目されているということです。

      もともと、一般庶民に一家の立派なお墓を持つのが定着したのは、厳密には戦後のことなので、今は、弔い方、弔われ方が見直される時期に差し掛かったということです。

      BIGLOBEニュースの様々な情報を掲載しています。