埼玉での墓じまいをお考えなら

  • 埼玉でも墓じまいをする人が増えている

    • 現在では、檀家として経済的な負担が大きいというよりも、少子化にともなって墓守をする継承者が途絶えてしまうという理由で、墓じまいをする人が増えています。

      お墓は、きちんと墓じまいをしないと、いつかは無縁墓となってしまい、最終的に撤去処分されて、中にある遺骨はごちゃ混ぜにされて合祀されてしまいます。


      埼玉などの自治体などの調査によっては、約40パーセントのお墓が無縁仏化しているともいわれ、10年後には約60パーセント以上のお墓が、継承者不足によって、無縁墓になるとも考えられています。



      埼玉でも墓じまいを行う際には、遺骨の行き先を決めておくことが大事です。遺骨の大きさや個数、火葬済みかどうかをきちんとチェックしておきましょう。また、お墓から納骨堂などへ移す場合にも、維持費がかかりますから注意が必要です。



      遺骨の行き先として、もっとも選ばれているのが永代供養で、継ぎに散骨や手元供養、納骨堂となっています。

      BIGLOBEニュースのお役立ちコンテンツ満載です。

      永代供養と散骨は、遺骨を永久処分することができ、その後の管理費が必要ありませんから、特に人気となっています。
      納骨堂は、高額な永代使用料や年間管理費なども発生しますから、事前に確認しておきましょう。埼玉でも永代供養を行うことができます。
      ただ、墓じまいを行う際には、トラブルを回避するためにも、祭祀継承者同士で意見をまとめておくことが大事です。もっともトラブルが多いのが、親戚同士の争いです。


      法律的な取り決めはありませんから、遺族間でよく話し合って、権利保有者全員の意見をまとめておくことが大事です。